交流館の概要 交流館の概要

ホーム > 交流館の概要

豊田市生涯学習センター“交流館”はこんな施設です

交流館は、生涯学習の拠点施設として講座やイベントの実施、部屋の貸し出し、図書の貸し出しをはじめとして、学びの場の提供と仲間づくりやまちづくりの支援、行政情報の提供などを行っています。「人づくり」「地域づくり」「生きがいづくり」「地域の担い手づくり」に取り組み、みなさんの生涯学習と地域活動をサポートしています。

  • いつでもだれでも自由に学び、活動できる場
  • まちづくり活動や地域課題への取り組みの場
  • 様々な人々との交流の場
  • 地域と行政が共にまちづくりを進める場

社会教育法が想定する「公民館」の枠を超え、生涯学習の拠点施設として、人と人を結びつける地域の拠点施設として強くアピールするため、名称を「交流館」と変更しました(平成14年4月~)。

交流館の概要

交流館数 28館(中学校区に1館設置)
開館日 火曜日から日曜日
開館時間 午前9時~午後9時
休館日 月曜日(祝日・振り替え休日は開館)・年末年始 (12月28日~翌年1月4日)
施設内容 ・貸し部屋(ホール、会議室、調理実習室、和室など)
・図書室
・子育てサロン(一部の館を除く)
・スポーツ施設(一部の館のみ)
管理運営 指定管理者=公益財団法人豊田市文化振興財団

このページの上へ戻る

交流館の役割

  • 身近な学習拠点 : 図書・部屋の貸出しなど、学習の場の提供
  • 身近な交流拠点 : 市民、地域、学校、企業、行政などをつなぐ役割
  • 地域の活動拠点 : まちづくりの担い手を育成、支援する役割
  • 身近な行政サービスの場 : 行政情報の提供、子育て支援

このページの上へ戻る

交流館の運営方針

このページの上へ戻る

このページの先頭へ戻る

PC版に切り替える スマートフォン版に切り替える